フルオーダータイプは自由度が高い

フルオーダータイプの注文住宅はオーダーメイドと言い換えることもできます。セミオーダータイプなどと違って、基本的にはあらゆる部分を希望通りに設計することができるのが特徴です。建材に何を使用して欲しいか、床材として何を使うかといった材料の部分から自由があります。もちろん塗装の色や塗料の種類なども自由に指定することが可能です。また、住宅設備に関しても依頼先の業者が対応できる範囲で必要なものを導入できます。間取りも好きな形に整えることができるので、理想の注文住宅を立てられるのがフルオーダータイプの魅力です。理想のイメージができているとスムーズに住宅の設計も決まり、完成したときの喜びもきっと大きくなります。

フルオーダータイプはコストが高い

フルオーダータイプは自由度が高い代わりにコストが高いのが特徴です。ハウスメーカーや工務店としては顧客のオーダーに柔軟に対応しなければなりません。セミオーダータイプであれば住宅素材や設備の共通するものについては大量発注をして安く確保しておくことが可能です。しかし、フルオーダータイプの場合にはあらゆる希望に応えなければならないため、高くても何とかして住宅素材や設備などを手配する必要があります。結果として自社が苦手とする設備の手配をしなければならなくなる場合もあり、コスト面では高くなりがちです。素材や設備の手配に時間がかかってしまうことも多く、コストだけでなく建築にかかる期間の悩みも生じることがあります。

注文住宅と違い、建売住宅は立地を選べなかったり、好きな間取りを設計できないのがデメリットです。一方で、注文住宅より低価格であることが多く、実物を見てから購入の是非を決められるメリットがあります。